好きな人 可愛い 言われた

好きな人に可愛いと言われたら

スポンサーリンク

好きな人に可愛いと言われたら、上手に甘えてみると良いでしょう。
せっかく可愛いと言われても、反応が薄かったり、淡白な態度を取られると、言う方も興ざめするというものです。
人が「可愛い」というとき、そこには必ず理由があります。
出来ればスキンシップへとつながれば良いと考えていますから、好意を寄せている相手に言われた場合は、身体を寄せてみたり、目を見て照れた笑顔を見せるなど、上手に甘えると非常に魅力的に見えることでしょう。
そこからうまくスキンシップにつなげることが出来れば、関係性というのは、過ごしてきた時間に関係なく長持ちすることでしょう。
逆にやってはいけないのは、リアクションを淡白にしてしまうことです。
例えば「かわいい」を連発されると、言葉の価値が下がるため、いつも同じことを言われて飽きる場合もあるかもわかりませんが、その都度リアクションを下げてしますと、スキンシップへとつながらず、関係性の破綻を招きます。

スポンサーリンク

好きな人に「可愛いね」と言われたら、素直に喜ぶのも良いですが、それでは相手の気持ちが十分に高揚することはないでしょう。
その場合は、はにかんだり、照れた笑顔を見せることで、いじらしい可愛さを演出することが可能となりますので、それを利用しない手はありません。
好きな人であれば、基本的に黙っていても、そのような態度を取ってしまう、小悪魔的、または天性のいじらしさを兼ね備えた人もいますが、恋愛で失敗する人の多くは、可愛いといわれた時の反応が淡白だったり、嫌な態度を見せたりしています。
相手がなぜその言葉を発しているのか、心の奥底にある気持ちを理解しながら、上手にそれを察知してあげるのも、パートナーとしては重要なことですし、それがお互いにとって可能であることが、長続きする良好な関係性を築くために重要なことなのです。
恋愛も、結婚も、同じように、人間関係ですから、自分の正直な気持ちよりも、相手を思いやる気持ち、そこから生まれる察しの気持ちを大切にするのが、関係性維持のために大切なことなのです。

スポンサーリンク