素直 甘える 方法

相手に素直に甘える方法

スポンサーリンク

 人に素直に「甘える」、なんて言いますと、なにを子供じゃあるまいし、という風に感じる人もいるかもしれません。
 でもこの「甘える」という事は、何も子供のような甘え方だけを指しているわけではありません。
 実際、大人の世界にも、誰かに頼ったり、助けを求める事は、普通にありますし、むしろ何でも誰にも頼らずに、自分一人でやっているなんて人の方が、少ないでしょう。
 家族関係であれ社会であれ、ある時はそのように人に甘え頼りにして、そしてまたある時は、逆に甘えられ、頼られてそれに応えるものなのです。
 ですからそうした行為を恥じる必要はなく、自分が誰かに甘える時には、「もし相手が困った時は、自分が助けてあげよう」と考える方がいいのです。
 しかしそうは言いましても、実際に誰かに助けを求める時には、どうしてもうまく頼めずに困ってしまう人もいるでしょう。
 その一方で、そういう時に、他人に甘えるのがうまい人もいます。
 ではその違いは、どこにあるのでしょうか。

スポンサーリンク

 実はこの甘え上手というタイプの人は、総合的には、一部の例外を除いて、ある共通項が存在します。
 それは、「甘え上手は、下手な事は考えず、自分の気持ちを非常に素直に、相手に伝える」という方法をとっているのです。
 つまりそこには一切の小細工や打算を入れずに、ただ自分のして欲しい事を相手に直に伝えるのです。
 こういうやり方というものは、実は嫌味がなく、言われた相手はそれを抵抗なく受け入れる事ができたりするのです。
 この甘えるという行為が下手な人は、実はこの点が下手なのです。
 こんな事を言ったら、相手に失礼だとか、相手に悪いとか、負担になってしまうとか、色々な事を考えてしまい、その結果としてその希望がうまく相手に伝わらずに、その助けを得られない事が多いのです。
 実にこの「自分のして欲しい事を、ストレートに相手に伝える」という事ができるかどうか、そしてその行為をする事に、変な抵抗感を感じずに自然に行えるか、という事が、もっとも賢い「甘えの方法」と言えるのです。

スポンサーリンク