旦那 甘える 方法

旦那に対して、さり気なく上手に甘える方法!

スポンサーリンク

交際している時はお互い「好き好き」同士でも、結婚して年月が経てばあったいう間に倦怠期に入ってしまうことも少なくありません。
長いこと倦怠期が続いてしまうと、妻としては旦那の浮気などが気になるところですが、その一方ですっかり甘え下手になっている自分に気が付き、どうしたらよいか分からない、といったジレンマに陥ってしまうことも少なくないでしょう。
にもう一度、付き合い始めた頃の気持ちに少しでも近づくべく、甘え上手になるためにはどのようにしたらよいのでしょうか。
甘えるとはいうものの、いきなり猫なで声になってみたり、ベタベタしてしまっては、旦那に変な風に勘繰られてしまったり、気持ち悪がられてしまうことでしょう。
肝心なのは急激に態度を変えるのではなく、少しづつ甘えていくということです。
ジャブのように小刻みに甘えていくことで、いつしかそれが自然な行為となり、付き合っていた頃の気持ちを取り戻していくことでしょう。

スポンサーリンク

では、どのように甘えたらよいのでしょうか。
甘える方法というのは決してマニュアル化されたものではありませんが、男性からの好か方について、それほど個人差はないものと思われます。
一番簡単なのは、ちょっとしたことを相手にお願いしてみる、ということです。
重いものを持ってもらう、固い蓋を開けてもらう、些細なこと、自分でもできることでもお願いしてみて、してもらったら素直に「ありがとう」を言うようにしてみましょう。
あと、自分でよく喋る方だと思われる方は少し口数を減らし、ご主人の話をじっくり聞いてあげるようにしましょう。
スキンシップ面ですが、いきなりベタベタするのではなく、まずは相手との距離を徐々に近づけてみるようにしましょう。
そして違和感がなくなって来たらさりげなくボディタッチしてみるとよいでしょう。
あとは服装や髪形なども旦那さん好みにさりげなくチェンジしてみるのもよいでしょう。
甘える方法について絶対的なものはありませんが、一つ言えることは時間をかけて少しづつトライしていくことにあるといえるでしょう。

スポンサーリンク