甘え顔 メイク

最近ブームの甘え顔メイクについて

スポンサーリンク

甘え顔メイクは、時代と共に少しずつ変化してきています。
少し前までは目力の強い猫系フェイスが一世を風靡していましたが、最近ではよりソフトな小動物を連想させるようなメイクに人気が移ってきているのです。
特に現在注目されているのが、ウサギ顔メイクです。
この場合もやはり目元がポイントとなりますが、猫系フェイスとは一味違い、少女っぽさの残る甘え顔が表現出来るのが特徴なのです。
具体的には、下瞼がポイントとなります。
下瞼には涙袋と呼ばれるふくらみがあり、ウサギ顔ではこの部分を特に強調するわけです。
ホワイトやアイボリーなどの明るい色やパールなどを加えて自然に光を放つ状態に整えます。
このような工夫をすることで、目元が明るく見えるのはもちろんのこと、少し甘えたような目の潤み感を表現することが出来るのです。
黒目とのコントラストによって、目が大きく見えるというメリットもあります。
最近では、さらにマスカラやアイライナーと組み合わせる方法が流行しています。

スポンサーリンク

最近では美容整形においても、童顔が一つのブームになっています。
目元や輪郭をより丸い印象に見せることで、実年齢よりも若く見せることが重視されているのです。
この場合にも、ポイントとなるのはやはり目元です。
切れ長の目よりはやや丸みのあるアーモンド形の目が人気を集めています。
こういった顔立ちは、実の所今流行している甘え顔メイクにも適しています。
やや垂れ目ぎみになるようにアイラインをひき、マスカラでまつ毛をボリュームアップさせれば、手軽にウサギ風の甘え顔が完成します。
暖色系のチークやアイシャドウを使用することで、さらにふんわりした印象の癒し系フェイスが出来上がるわけです。
最近では、敢えて目元に赤系のアイシャドウを入れてぽってり感を出す手法も試みられています。
こうすることで、きつい印象の目元も女らしい雰囲気に様変わりします。
ただ、時に目元を腫れぼったくみせてしまうこともあるため、顔立ちを選んで行うべき手法です。

スポンサーリンク