彼氏 キュン 仕草

彼氏をキュンとさせる仕草、不意な動作と上目遣いが効果的

スポンサーリンク

男性というのは、女性が思っているよりも仕草をよく見ているものです。
そのため、ちょっとしたことで彼氏をキュンとさせることが可能です。
では、実際にはどのような仕草がキュンとさせるのかというと、人気が高いのは小首をかしげる仕草です。
特に話を聞いているときに小首をかしげると、効果は高くなります。
但し、少々注意ポイントもあります。
それは視線の使い方です。
小首をかしげつつ相手の顔を見ないと、逆効果になることもあるのです。
というのも視線がまったく違う方向を向いていた場合、「話を聞いていない」と思われてしまうことも少なくありません。
また「話がつまらない」といった意思表示ととられることもあります。
ですので聞いていることをアピールするためにも、視線は顔に向けておく必要があるのです。
その状態で小首をかしげると、一生懸命に聞いているように映り、キュンポイントとなるわけです。
その状態を保ちつつ、30秒に1度程度視線をそらすと、圧迫感もなく更に効果的です。

スポンサーリンク

隣同士でいる場合には、ボディタッチも良いでしょう。
但し、あくまでも自然に行うのがキュンとさせるポイントとなります。
例えば、普通に手を握るよりも、偶然に触れてしまった状態の方がドキッとするものです。
それを利用して、触れた瞬間に恥ずかしそうにうつむくと、キュンとする人は多い傾向にあります。
名前を呼ばれたときもチャンスです。
特に後ろから呼ばれた場合には、キュンとさせるポイントは多くなります。
例えば振り向き方ですが、顔だけではなく上半身をひねるようにして振り向くのが良いでしょう。
このとき、笑顔を忘れてはいけません。
振り向いた瞬間の笑顔は、心にダイレクトに響く傾向が強いのです。
こうした振り向き方というのは、相手に対して無防備な印象を与えます。
それによって保護意欲がかきたてられて、キュンとすることが多いのです。
また、後ろ斜め上を見上げるような気持ちで振り向くのも効果的です。
これも同様に、保護意欲をかきたてられる仕草の1つなのです。

スポンサーリンク