控えめ 思わせる 仕草

男性に控えめと思わせるための仕草について

スポンサーリンク

多くの男性は、やや控えめな女性に惹かれる傾向があります。
こういった傾向は、特に合コンなどの大勢が集まる場で見られることが多いです。
積極的な発言をせずに、いつもニコニコ笑顔を絶やさないような女性は、男性からの注目度が自然高くなります。
控えめな女性は、概して恥ずかしがり屋な所があります。
そういった女性の羞恥心が、男性の本能を刺激する一つの要素です。
敢えて好意を公にせず、躊躇しながら思いを伝えてくるといった女性の態度は、男性の大いに心を揺らす可能性があります。
従って控えめと思わせることは、気になる男性の心を掴む近道です。
控えめな女性と思わせるためには、言動に工夫する必要が出てきます。
控えめと思わせる仕草も、押さえておきたいテクニックの一つです。
実際、男性に控えめと思わせるためには、幾つかのポイントがあります。
例えば手の動きや表情などから、男性はその女性の奥ゆかしさを感じます。
控えめと思わせる仕草として知られているのが、例えば別れ際に手を振るという動作です。
この場合、やや小さめに手を振るのがコツとなります。

スポンサーリンク

飲み会や食事会などの席は、控えめな仕草をアピールするのにもってこいの場となります。
食事の取り分けやおしぼりを配るなどの気のきいた行動も、かなり好感度が高いです。
ですがそれ以上にアピール力が大きいのが、手を出そうとして戸惑うような曖昧な仕草です。
こういった場での気配りは、主に積極性のある女性が行う傾向があります。
ですので、のんびりとしている女性は出遅れるケースが出てきます。
そのような時こそ、実は男性に自分をアピールするチャンスです。
手伝おうと思いつつも、恥ずかしさから躊躇してしまったと思わせることが出来れば、実際にその行為をするか否かは大きな問題ではないと言えます。
その曖昧な仕草を見た男性に、本当は気配りが出来る女性だと思わせることがこのような仕草の目的です。
やや引き気味の仕草を前に、保護本能を刺激される男性も多いと考えられます。
気が利く様子を分かりやすくアピールするよりも、やや控えめなくらいの方が効果的です。
押しつけがましさを嫌う男性は意外に多く、積極性全開の行動は恋愛においては時に逆効果になります。

スポンサーリンク