頼られたい 男性心理

頼られたいという男性心理を押さえておくと役立ちます

スポンサーリンク

愛される女性を目指すなら、男性の保護本能を刺激してみるのも一つの方法です。
元々男性には、女性に頼られたいという気持ちがあります。
ですので、付き合いを進める上ではこういった男性心理を押さえておくと役立つのです。
特に30代以降の女性の場合には、こういった隙を見せることも恋愛上手になるテクニックと言えます。
完璧すぎると、男性は自分の存在価値を感じられなくなることがあるからです。
頼られたいという男性心理を上手に操る方法としては、日常生活の中で小さなお願い事をするなどが挙げられます。
特に女性が肉体的なハンディを感じるようなことをお願いすれば、男性は自分の強さを実感してより自信が高まります。
その後にきちんとお礼を言えばさらに男性の心を掴むことが出来るのです。
この手のお願いは、日常生活の中で自然に出来るというメリットがあります。
策略なのではないかと男性に変に勘繰られることがなく、より安全な甘え方と考えられるのです。

スポンサーリンク

最近では女性が男性と肩を並べて仕事をすることも多くなりました。
そのため、男性に甘えることを躊躇する女性も数多く存在します。
ですが、男性は女性の弱さに惹かれる一面があるのです。
ですので、男性と付き合う上では、時にこういった自分の弱さをさらけ出すことも大切なテクニックとなります。
とは言っても、常に相手に頼ってばかりでは、重たい女と受け取られてしまいます。
ですので、弱さと強さをバランス良く発揮していくことがコツとなるのです。
どのような場面で弱さと強さを出すべきかは、実際ケースバイケースです。
ですが、一般的にはその男性がいなくては生きていけないといった印象を与えてしまうと、今度は単なる未成熟な女性として男性の目に映ってしまいます。
従って、相手の反応を見ながら適度に甘えを駆使していくことが必要なのです。
一般的に男性は意外性に弱いとされています。
ですので、弱そうに見える女性が見せる強さや、普段強そうに見える女性がふと見せる脆さなどにぐっとくるのです。

スポンサーリンク