一緒に帰る 女性 男性心理

女性と一緒に帰る男性心理

スポンサーリンク

女性と一緒に帰ると言えば、親しい間柄にあるからそうしているのではないか、と考える男性が少なくありません。
 これは男性心理に基づいた判断です。
男性は好意を抱いていない女性と行動を共にするのはいさぎよしとしない面があります。
 そのため、一緒に帰るという選択肢を選んだ段階で、最低限の好意は抱いているものだと解釈してしまうのです。
 しかし、男性心理の中にはおおざっぱな面もあります。
これは苦手意識を有している女性でも、わざわざ時間を焦らして帰るのは面倒臭いと感じる部分がそうさせるのです。
 これは周囲からの評価をあまり気にしないタイプの男性に当てはまるものですが、意図的に避けることにより、向こうにこちらが嫌っているという印象を与えたくない、と考えているパターンもあります。
 単なる友達として接している相手と、家が同じ方角だから一緒に帰るだけだ、という感覚の人もいます。
 男性心理の常として、仲良くしている相手の性別など特に気にしない、というのがあります。
 この場合、一緒に帰ることになった女性の方から歩み寄らなければ、関係の進展は望めません。

スポンサーリンク

 男性心理の中には、意中の相手と二人きりになりたい、と願う部分があります。
しかし職場にいるときだとそれが物理的に難しいので、一緒に帰るという形でその願望を充足させようとするのです。
 この場合、その行動は男性心理に基づいたものとなるので、お目当ての女性に対し積極的にアプローチをかけることが珍しくありません。
 そのため、一緒に帰ることになった女性にその気がないのであれば、早い段階でそれを相手に告げるようにしましょう。
 曖昧な態度でお茶を濁し続けていると、相手に誤ったサインを与える原因になります。
 一緒に帰ることにした女性にボディタッチを試みる男性もいます。
これは人目がないからというばかりではなく、そうすることで相手にどう思われているのかを知りたい、という男性心理の現れなのです。
 こういうタイプの男性の場合、相手に強く拒絶されたら脈なしとみて身を引く傾向にあります。
 男性心理とはこのように行動で示されることが多いのです。
 一緒に帰ることが多い男性がいる女性は、その言動から彼らの胸中を察するようにしましょう。
 そうすれば対応の仕方が分かります。

スポンサーリンク